9月29日(火)「ソーシャルビジネスで世界に変革を起こす 一橋出身の若手社会起業家からのメッセージ」

”パラレルキャリア”とは、P・F・ドラッカーが『明日を支配するもの』の中で紹介した考え方。本業のほかに、もうひとつの世界を持つこと。たとえば教会の運営、ガールスカウトの会長など、ちょっとした地元での社会活動を引き受けることが例としてあげられていました。ドラッカーは、会社の定年などにしばられることなく、社会の進歩で長命になった個人がいきいきと働き続けるための方法として、パラレルキャリアを提案しました。

現在この分野で学術的にリードする法政大学大学院政策創造研究科教授石山恒貴先生をキーノートスピーカーにお招きし”パラレルキャリアとは「本業×社会活動」”といったテーマでご講演をいただき、その後ソーシャル・ビジネスの世界をリードする3名の若手リーダーと石山先生によるクロストークという密度の濃い2時間プログラムです。

パラレルキャリアとは、小さな一歩をきっかけに、誰にでも始められることです。このイベントをきっかけにあなたも新しい働き方を考えてみませんか?

【開催概要】
日時 2015年9月29日(火)19:00~21:00(受付開始18時30分)
場所 如水会館1階「コンファレンスルーム」
東京都千代田区一ツ橋2丁目1−1 如水会ビルディング
会費 2,000円
人数 50名(会場都合のため)
主催 如水センターオブイノベーション
協力 NPO法人 クロスフィールズ、公益財団法人 日本財団、NPO法人 二枚目の名刺

【プログラム】
第一部 19:00 – 19:35 キーノートスピーチ「パラレルキャリアで社会問題を解決する(仮)」石山恒貴教授
第二部 19:35 – 21:00 クロストーク
登壇者より自己紹介
・NPO法人 クロスフィールズ 小沼大地氏
・公益財団法人 日本財団 花岡隼人氏
・NPO法人 二枚目の名刺 松井孝憲氏
クロストーク (モデレータ:石山教授)
質疑応答

その後14階へ移動し22時終了予定の懇親会を開催致します。

【講演者・登壇者ご紹介(順不同)】
ishiyama2015石山 恒貴:法政大学大学院政策創造研究科教授
一橋大学社会学部卒業、産業能率大学大学院経営情報学研究科経営情報学専攻修士課程修了、法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻博士後期課程修了、博士(政策学)。一橋大学卒業後、日本電気(NEC)、GE(ゼネラルエレクトリック)、バイオ・ラッドラボラトリ-ズ株式会社執行役員人事総務部長を経て、現職。
ASTDグロ-バルネットワ-クジャパン理事。
著書:『時間と場所を選ばない パラレルキャリアを始めよう!―「2枚目の名刺」があなたの可能性を広げる』ダイヤモンド社、2015年、他

 

konumaSan小沼大地:特定非営利活動法人クロスフィールズ 共同創業者・代表理事
一橋大学社会学部・同大学院社会学研究科修了。青年海外協力隊(中東シリア・環境教育)に参加後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。同社では人材育成領域を専門とし、国内外の小売・製薬業界を中心とした全社改革プロジェクトなどに携わる。2011年3月、NPO法人クロスフィールズ設立のため独立。世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Shapers Community(GSC)に2011年より選出。
Website 特定非営利活動法人クロスフィールズ

 

hanaoka-san花岡隼人:日本財団 ソーシャルイノベーション本部 ソーシャルイノベーション推進チーム
一橋大学法学部卒業、ワルシャワ大学政治学研究科修了。コンサルティング会社にて主に金融機関に対し法令遵守対応、業務改革プロジェクト等に従事。ポーランド留学を経て、2013年9月より現職。日本財団では、社会的インパクトを高めるため、セクターを超えた社会課題解決の仕組みづくりを行う複数のプロジェクトを推進。(特)二枚目の名刺と、ソーシャルコンサルタントプロジェクトで協働中。
Website 日本財団

 

MatsuiSan松井孝憲:`NPO法人二枚目の名刺
常務理事
一橋大学法学部卒業、早稲田大学院政治学研究科修了。コンサルティング会社で人事・組織、CSR分野に従事するのと並行して、2011年2月よりNPO法人 二枚目の名刺 に参画、2015年より常務理事に就任。同団体では、多様な背景を持つ社会人チームがNPOと一緒になって事業推進を実践する「サポートプロジェクト」を手がける。
Website NPO法人二枚目の名刺

【お申し込み】

お名前 (必須) (姓) (名)

よみがな(必須) (姓) (名)

メールアドレス (必須)

卒業大学(必須) 一橋大学法政大学その他

学部・学科・専攻 (任意)

卒業年 (任意) 

出身高校 (任意)

勤務先・所属先等(任意)

スピーカーへの質問事項 (任意)